■ 自 作 汁 生 活 ■

杏東ぢーなの
ダラシナイ日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Firefox3 Meter

■ c o n t a c t ■
jeena@takekowbow.com

  <   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

  記事;漫画関係者ディープ座談会
■01/30■ http://bit.ly/gODtqa
・「今この時代に漫画家を目指す人達へ」喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム 漫画関係者ディープ座談会」

漫画志望者のみならず、
企業家にもためになります。

引用するときりが無いので、
長文ですがぜひ読んでみてください。

それでも一部。

> 退職金があるサラリーマンと違い、
> 明日の保証もないフリーは
> 同世代の2倍稼いでようやく互角。


> 必要な努力をしないことに対する「殺意」に近いものを、
> お手伝いさせていただいていた時は、
> いつでも感じていましたね。


> 編集者の方は漫画の出来だけでなく、
> 「漫画家志望者がどれくらい努力できる人間なのか」
> という人間性も見ている



[PR]
by kirk009 | 2011-01-30 17:42 | デザイン・漫画

  記事;電子書籍と再販制度
■01/30■ http://bit.ly/hcP5Hr
本日の毎日新聞コラム
「時代の風:電子ブックの未来=東京大教授・坂村健」

電子ブックが浸透しない日仏、
再販制度のせいではないか、と。

しかし再販制度のいい側面も紹介。

> このシステムが売れない本を量産することになるという批判もある。
> しかし多様性という意味では、
> さまざまな中小出版社が出版という
> 本質的にベンチャラスな市場の中で生き残りの
> セカンドチャンスを与えられる仕組みでもあるのは確かだ。

> 電子ブック主流になり、
> 実売がないと売り上げが立たないとなれば、
> 日本のコンテンツ力を下支えする中小出版社は
> 即経営できなくなる可能性も高い。
> 出版社とそれが抱える編集者には、
> 作家を育てる機能もある。
> 電子ブックだと印刷コストも在庫コストも掛からない。
> 売れなければアルバイトでしのぐという
> インディーズ的な方向もあるが、
> それでは一部のスーパースターとアマチュアだけの、
> 中間層のいない業界になってしまう。

> 米国でのコミックはマーケティング主導で
> 分業制による安定供給などハリウッドでの
> 映画製作に近いものになっている。
> それが売れたキャラクターや
> ストーリーラインの使い回しにつながり、
> 日本のような多様な作家性を生めない結果にもなっている。

日本も萌え系がこれに近くなってる?

売り上げ至上主義だと、
やがてハリウッドのように、
小手先だけのコンテンツ不足になるかも。

※毎日.jpも記事を消すらしいので全文転載

時代の風:電子ブックの未来=東京大教授・坂村健

 ◇作家と読者、気になる関係
 我が国でも電子ブックへの取り組みが本格化してきた。昨年後半から携帯電話会社や家電メーカーの参入が相次いでいる。さらに、新刊本の電子版がなかなか出ないので、自分で紙の本を電子ブックにする「自炊」が話題となり、皮肉な事にそのノウハウ本も売れている。

 ここで紙の本が良いのか電子ブックが良いのかを論じるつもりはない。音楽流通の主体がネット配信に変わってきているように、ネットにつながる電子ブック端末が普及すれば長い目で主流が電子に変わっていくのは確実だからだ。米国では既に1000万台以上の電子ブック端末が売れており、2014年には購入される本の過半数が電子ブックになるという予測もある。

 現在の電子ブックを読む端末が読書家にとって不満なのも確かだ。太陽の下でも読める反射型の電子ペーパーを利用した専用端末は軽く電池も持つが、白黒だし表示切り替えも遅い。鮮やかなカラー表示ができる汎用(はんよう)タブレット端末は、太陽の下では読めないし、まだ重く電池も早く無くなる。しかし技術的な問題は必ず時間が解決する。

 むしろ、ここで気になるのは電子ブックの普及が、一見同じ条件の先進国の間でもずいぶん違うということだ。米国や英国では読書専用端末で読む電子ブックの普及は相当進んでいる。ほんの数年のうちに、新刊書の多くが電子ブックでも出るようになり、米国では有料の一般書籍で既に80万点近くの品ぞろえ。一方、日本やフランスではまったくというほど普及していない。携帯電話で読む電子ブックの普及で実は日本は世界一という人もいるが、その中身は電子コミック--それも本屋で買いにくい物が主体で、「紙から電子の時代に」という話とは微妙に違うようだ。

 日本で去年末あたりから宣伝されている読書専用端末も、実は今回で2回目のチャレンジ。一般書を読む読書専用端末として世界ではじめて電子ペーパーを利用した端末を発売したにもかかわらず、前回は結局大きな話題にもならず撤退している。

 盛り上がる米国・英国と盛り上がらない日本・フランスという構図なので、問題は漢字ではないだろう。一番考えられるのは流通の制度的違い。歴史的な理由で日本やフランスには書籍の価格を一律に固定する再販制度がある。

 日本では再販が前提で紙の本は委託販売が一般的なので、出版社が取り次ぎに納入すると本が売れるのを待たずに売り上げとして計上できる。その代わり売れなかったら返品されるが、新刊を出せればしのげるということで、一種の資金繰りができる。このシステムが売れない本を量産することになるという批判もある。しかし多様性という意味では、さまざまな中小出版社が出版という本質的にベンチャラスな市場の中で生き残りのセカンドチャンスを与えられる仕組みでもあるのは確かだ。

 そしてこの日本の出版事情が、今注目される日本のコンテンツ力の裾野を支えているという考え方もある。資金的に安定した大手出版社しか生き残れない米国との差が最も出ているのがマンガの世界だ。米国でのコミックはマーケティング主導で分業制による安定供給などハリウッドでの映画製作に近いものになっている。それが売れたキャラクターやストーリーラインの使い回しにつながり、日本のような多様な作家性を生めない結果にもなっている。

 日本では公正取引委員会が在庫の存在しない電子ブックは再販制度の適用外という判断を既に示している。一方、日本よりさらに文化の多様性保護の意識が強いフランスでは、電子ブックであっても内容が紙の本と同じなら価格を固定するという、電子ブックの再販制ともいえる法律を通そうとしている勢力もある。もちろん保護主義であるという批判も出ているし、非現実的とも思うが、その意見がまったくの「守旧派の妄言」であるといえるかどうかは簡単ではない。

 電子ブックは購入すればどこにいても回線を介して数分でダウンロードして読める。文字も簡単に大きくできるので高齢者の読者も多い。場所は食わないし、蔵書は紙の本と違ってすぐ見つかる。これらの利点がある以上、時代の風は遅かれ早かれ日本にもやってくる。

 その前提で、どのようなモデルが作家と読者の間の幸せな関係を生み出すのか。英米と日仏がそれぞれ異なるモデルで今日まで来ているので、決してどちらかが本質的に優れているという話ではない。

 電子ブック主流になり、実売がないと売り上げが立たないとなれば、日本のコンテンツ力を下支えする中小出版社は即経営できなくなる可能性も高い。出版社とそれが抱える編集者には、作家を育てる機能もある。電子ブックだと印刷コストも在庫コストも掛からない。売れなければアルバイトでしのぐというインディーズ的な方向もあるが、それでは一部のスーパースターとアマチュアだけの、中間層のいない業界になってしまう。

 電子ブックの時代、今までの日本モデルで良いとは言わないが、米国モデルそのままでもうまくいかないだろう。




[PR]
by kirk009 | 2011-01-30 12:12 | ニュース記事

  雑談
■01/30■ http://bit.ly/dKDslo
ワークス新年会だかで話してたこと。

「9割9分は他人より頭がいいと思ってる。
8割の人間は自分が正しいと思ってる。
しかし1~3割はニートか引きこもりか非正社員」

あいたたたた……。



[PR]
by kirk009 | 2011-01-30 02:08 | 雑記

  ワークス新年会
■01/28■
前夜に続き新年会。
ワークスさん、今年はヒルトン。

新たな出会いに感謝、
真摯に仕事するべし、自分!



[PR]
by kirk009 | 2011-01-28 23:38 | デザイン・漫画

  画報社新年会
■01/27■
少年画報社マンガ部門新年会でした。
名刺忘れていろいろご迷惑を。

ここで陳謝!



[PR]
by kirk009 | 2011-01-27 23:31 | デザイン・漫画

  整体ボキボキ
■01/26■
数か月ぶりに
整体町田施術院 http://bit.ly/hGKZUX
へ。

・足裏バランステーピング http://bit.ly/fHLPbi
(自律神経にも効くとか)

・耳ろうそく http://bit.ly/h39cp2
(デトックス)

「……右肩が亜脱臼してるよ
そもそも前のめり姿勢だし」

あい、PCデスクの足元が散らかってて、
椅子が前に出ないんです。

片付けは健康のためにも必要だ!



[PR]
by kirk009 | 2011-01-26 13:57 | 健康・闘病

  TeraStation HDD換装完了
b0048466_532885.jpg■01/24■ http://twitpic.com/3ssc6a
寺駅、2GBに増量、
RAID5構築完了。
チェックに12時間半ですって!

仮眠してからお仕事予定。

TeraStation、他4台も増量できないか思案中。
IDEのマザボでSATAって繋げないかしら?
ファームウェアの制限で500GBまでしか
認識しないとかある?

教えて、エロい人!

追記自分メモ:
M/B IDE⇔SATA HDD コネクタ

追記2:
HD4載せられるベアボーンキューブケースで
Win / Linux でもいいのか?



[PR]
by kirk009 | 2011-01-24 05:07 | 自作・PC

  寺駅メモ
b0048466_148251.jpg■01/24■ http://twitpic.com/3sqrvw
自分メモ。
うちのHD-H1.0TGL/R5
前面パネルLEDコネクタが基盤に無い。
ガワだけジャンクで買ったから……
忘れるな、オレ。

……これ調べるので
1時間ムダにしたぜよ。



[PR]
by kirk009 | 2011-01-24 01:51 | 自作・PC

  TeraStationのHDDを大容量に
■01/20■ http://bit.ly/fw7Xya
気がつくと5台のTeraStaation
がパンパン……。

容量の小さいものからHDD交換しましょう。

参考サイト
・「TeraStation Livingのハードディスク換装」
http://bit.ly/dPIOWx


> 手順(備忘録)
> (1) 元のデータを古いほうのTeraStationに退避。
> (2) 4番のディスクを抜き、1.5TBのディスクを入れてRAIDの再構築。
> (3) 再構築終了後、4番の1.5TBディスクを抜き、元の500GBディスクを入れてRAID再構築。
>  再構築終了後、ディスクをすべて抜く(これは元の4本のディスクをRAID5構成のまま残すため。
>  それが不要ならば省略しても構わない)。
> (4) 1番のディスクに(2)、(3)で作った1.5TBのディスクを入れる。
>  他の3つにも1.5TBディスクを入れる。
> (5) RAIDの削除を行う(この作業が必要だったかは不明確)。
> (6) 2、3、4番のディスクをフォーマット。
> (7) RAIDの再構築。
> 現在、最後のRAID5で再構築中だが、4.5TBの再構築には30時間以上かかる見込み

(1)の「古いほうのTeraStation」は別の保存機器、と読み替え。

今回HD交換するのは1TB(RAID5で750GB)なので、
PCに1TBのHD繋いでバックアップする予定。

今回の一番の問題。
HD-H1.0TGL/R5
はIDEなので500GBまでしかHDが無い。
それも今やWeasternDigitalくらい。

今後もっとデータが増えた場合は、
S-ATA以降のTeraStationと交換ですねー。
BuffShopなどで格安でガワだけ売ってるので、
それを狙ってもいいでしょう。



[PR]
by kirk009 | 2011-01-20 17:33 | 自作・PC

  IPv6メモ
■01/18■ http://bit.ly/fe5izy
AMD Win7 x64マシンのネット不調は、
自動的にインストされてた
IPv6でした。

未使用にしたら快調。

もっとこなれてから導入しましょう。



[PR]
by kirk009 | 2011-01-18 23:06 | 自作・PC



予定
※今後は
竹工房ブログ、
twitter、fbで
お確かめください。
ブログパーツ
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
かっこいいリング注文
from 通販汁
かっちょいいCPUクーラ..
from 自作汁生活
セットアップPC激重&母..
from 自作汁生活
使える住所録ソフトRip..
from 自作汁生活
使える住所録ソフトRip..
from 自作汁生活
公衆無線LANで悩む
from お悩み手帳
記事;アニメ残酷物語に規制?
from 自作汁生活
記事;アニメ残酷物語に規制?
from 自作汁生活
ネットでキャッシング
from ネットでキャッシング
はんなり日記 - RSS
from はんなり日記 - RSS
一ヶ月のスケジュールを手..
from 川村明宏の記憶術のやり方【一..
セキュリティソフト「No..
from ぱふぅ家のホームページ
スパイダーマン
from スパイダーマン
[シュガーはお年頃&#9..
from ある二宮ひかるファンの日記
[シュガーはお年頃&#9..
from ある二宮ひかるファンの日記
噂のMVPen衝動買い
from 通販汁
酒飲みの肝臓
from 二日酔いの特効薬
「死」
from ホリスティック医学の世界 ..
加齢臭専用サプリメント
from 無臭物語
トナー,富士ゼロックスの..
from トナー,富士ゼロックスのリサ..
検索
以前の記事
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 05月
2004年 02月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2002年 08月
ライフログ
タグ
その他のジャンル
最新の記事
コミケ86
at 2014-06-09 22:44
携帯が見つからない
at 2014-04-06 11:54
変態をなめるな
at 2014-02-13 00:10
2014謹賀新年
at 2014-01-02 00:08
コミケ85
at 2013-12-31 01:22
知らないAndroidが登録..
at 2013-12-21 19:13
BUFFALOの企業向けサポ..
at 2013-12-03 18:35
BUFFALOのサポセンに電..
at 2013-11-30 11:32
TeraStationがDE..
at 2013-11-30 00:37
Kindleから振込みのお知らせ
at 2013-11-17 23:59
夏バテ?
at 2013-09-07 18:34
巨人・巨大ロボ科学考証覚書
at 2013-07-19 21:46
Kindle出版 200円以..
at 2013-07-12 08:29
Macで作られたInDesi..
at 2013-05-12 21:42
高速道路周辺は塩害で大変
at 2013-05-11 22:31
カンボジア事情
at 2013-03-19 12:53
名古屋deぶらり散歩(後半)
at 2013-02-16 23:59
名古屋deぶらり散歩(前半)
at 2013-02-16 23:11
Google+こわい
at 2013-01-10 14:14
Google+で写真、仕事見..
at 2013-01-06 13:42
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧